第一章 / 第二章 / 第三章 / 第四章 / 第五章 / 第六章 / 第七章 / 第八章 / 第九章 / 第十章 / 第十一章 / 第十二章 / 第十三章 / 第十四章 / 第十五章 / 新章 /
音影列伝 新章

幻魔忍軍との戦いを終え、平和に過ごしていた音影であったが、慰労の旅、あるいは修行の旅先で様々な敵と戦っていった。

お壱と冬二郎という姉弟に出会い、妖黒王と戦ったり…(音楽劇「涙刻」)

義の国と煉の国のお家騒動に巻き込まれたり…(音楽劇「義煉」)

未来の音影の子孫達と出会い、復活した幻魔忍軍を倒したり…(音楽劇「時空翔忍音」)

金蓮の街の楼閣翡翠亭で男花魁達に新たな道を示したり…(音楽劇「楼閣は曉に燃える」)

旅の合間で助っ人だった繁野樺丸も正式隊員として音影に参加し、旅の合間を縫って仲間達の公演に参加する日々である。

そしてこれからもまた新たな旅に出て、行く先々に眠る悪を倒す為に、新たな戦いが生まれていくのであろう。