助っ人列伝 佐々木博史

音楽ゲーム界等で素晴らしい業績を残している天才電脳忍者。李維がこちらの世界に転生する際に肉体を借りている人物と古くから親交があり、その関係で音影の助っ人として2008年7月17日の「宴之陣」に参戦。李維から頼まれ、亀柳院医九麿失踪の謎を調査し、その全貌を明らかにした.

本人参照
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E3%80%85%E6%9C%A8%E5%8D%9A%E5%8F%B2

助っ人列伝 今井優

元AKB48のメンバーで、女優、シンガーソングライターとして活動中の麗しきくノ一。 李維との運命的な出会いにより、共に任務に当たったのをきっかけに仲間となる。 2008年8月14日新木場STUDIO COAST公演に助っ人として参加。氷室大蛇を撃退する活躍を見せる。また、2008年11月28日秋葉原CLUB GOODMAN公演にも助っ人参戦し、水鏡のお綾を、忍法転生の術で音影タオルに転生させた。

助っ人列伝 貴雅(たかまさ)

鬼丸を救った盲目の美少女、茜の弟。若いながらも才能に満ち溢れた忍者見習い。 茜亡き後、鬼丸がその面倒を見ている。 2008年9月1日の池袋CYBERにおける音影初単独公演において、鬼丸と音影をサポートした。

助っ人列伝 小日向歩転津(コヒナタ ポテンツ)

小日向三大駄作のうちの一体。(小日向については小日向奏亮伝参照)小日向は通常下の名前はつかないのだが、三大傑作が特別に名前をつけられるのと逆で、三大駄作は小日向屋の名誉のためにも、小日向と呼ばせないよう徒名で呼ばれるようになった。この一体は、津々浦々で歩くとすぐに転ぶ事から、歩転津という徒名で呼ばれている。また、肝心な時に役に立たないという意味も込められている。三大駄作の他の二体は既に廃棄処分となっているのだが、歩転津は廃棄しても廃棄してもいつのまにかまた戻ってきて捨てる事すらできず、小日向屋のお荷物となっていたところを、李維によって拾われる。三大傑作の中でも特に奏亮を尊敬しており、音影のために日々の雑務にあたろうとはしているものの、駄作故に仕事は的確ではない。

助っ人列伝 美穂子(ミホコ)

ときメタルバンド「Malignanto Co. 」の鍵盤奏者。2009年2月20日の鶯谷東京キネマ倶楽部公演に助っ人として参加したくノ一。演奏のサポートのみならず、異次元に飛ばされた夜櫻巻を拾って音影に届けるというファインプレーも見せた。

本人参照
http://malignant.jpn.org/

助っ人列伝 内山博登

正式な四弦奏者不在時の音影公演に助っ人として参加してくれた凄腕四弦奏者の一人。李維や鬼丸と旧知の仲であり、山賊のようないでたちが特徴。本来はHUMANS OULというバンドのベーシストである。
音影加入前に諸星星夜に四弦の特訓を施した星夜の師匠でもある。

本人参照
http://www.humans-oul.com/

助っ人列伝 イガラシ

正式な四弦奏者不在時の音影公演に助っ人として参加してくれた凄腕四弦奏者の一人。本来はex.石鹸屋、現ジャッジメントのベーシスト。
公私共に音影と親交が深く、オムニバスアルバム「Circus Circus Circus」では、1曲目の「夢幻泡影」をゲストミュージシャンとして演奏してくれている。
また、星夜卒業後に、アメリカはヒューストンで行われた「Oni-Con 2011」でも、音影の助っ人として活躍してくれた。

本人参照
http://judgement.jp/

助っ人列伝 敦士

正式な四弦奏者不在時の音影公演に助っ人として参加してくれた凄腕四弦奏者の一人。
GUNDOGのベーシストとしてデビューし、現enderのベーシストとして活躍中。
主に「Circus Circus Circus」ツアーの際の四弦奏者として音影を助けてくれた。

本人参照
http://www.ender-official.com/

助っ人列伝 鍵山喬一

7月17日の吉祥寺SEATA公演では小日向奏亮の動きを完全に封じられた音影を太鼓忍術で助けた。

実は小日向三大傑作の一体、奏亮と並ぶ傑作のからくり忍者、小日向喬一郎であった事がわかった。

現在はドラマーとしてアーバンギャルドをはじめ、多方面で活躍するアーティスト。

本人参照
http://urbangarde.net/

助っ人列伝 繁野樺丸(しげのかばまる)

略してしげると呼ばれる。
四弦と五弦を使い分け、安定感のあるプレイには定評がある。

音影最終決戦「幻影」の際に助っ人として参加。
打倒幻魔忍軍に力を貸してくれた。

本人参照
http://ameblo.jp/nohhy-com/